プロジェクト

自転車を利用する事業者・宿泊施設 募集中!!

 飯田市では、健康づくりに良くや環境にやさしい自転車利用を推進しています。

これまで事業所や宿泊施設を対象として、通年での貸出しを行ってきました。
おかげさまで、好評をいただいており、これまでは、貸出し希望を頂いても、応えられないことが多かったのですが、今回、貸出し可能台数に若干の余裕がでましたので、新たに通年で自転車を利用する事業所・宿泊施設を募集します。

募集条件は、下記の通りです。

1 対象者
 飯田市内に事務所等を持つ法人の方
 (法人の代表者名義で飯田市と契約を結んで頂きます。)
 (1) 事業所は、従業員の通勤及び業務用のため
 (2)宿泊施設は、上記に加えて、施設利用者の利用のため

2 貸出し期間
 4月1日から3月末日までの1年間
 (貸出し開始が、4月1日以降の場合には、貸出日から3月末日まで)

3 利用料
 1台、1年間当たり6,000円
 (貸出し開始が4月1日以降の場合には、1台、1ヵ月当たり500円で計算)

4 貸出し可能自転車
 電動アシスト自転車・クロスバイク・マウンテンバイク

詳細は、地球温暖化対策課までお尋ねください。

飯田市の自転車貸出しは、下記の形でも行っていますので、よろしければ、詳細のリンクもご覧ください。
(1)旧市5地区でのレンタルサイクル(詳細はこちら
(2)市民一般を対象とした長期貸出しである、坂道ジテツウプロジェクト(詳細はこちら

自転車長期レンタル 健康づくり 坂道ジテツウ プロジェクト!!


飯田市では、自転車の長期貸出し制度をスタートします。
「健康づくり 坂道ジテツウ プロジェクト!!」
(※ジテツウは、自転車通勤・通学を意味する略語です)
と題し、飯田市の保有するスポーツバイク(クロスバイク・マウンテンバイク)と電動アシスト自転車を最長で3カ月貸し出します。
希望者は健康体力測定と保健師のアドバイスも受けられます!

最近運動不足という方、自転車がちょっと気になるという方、ちょっと良い自転車を試してみませんか?





プロジェクト概要
“單鳥圓諒殕するスポーツバイク・電動アシスト自転車を最長で3カ月貸し出します。
希望者は、自転車レンタル期間の前後での健康体力測定を受けられます。
4望者は、保健師から、健康に関するアドバイスを受けられます。

ご利用条件
“單鳥圓糧行するレンタサイクル利用証をお持ちの方。
⊆己の責任において、自転車乗車中を対象とした保険に加入して頂ける方。
ご利用の際は、利用回数と走行距離を記録し、奇数月毎に地球温暖化対策課へとご報告頂きます。
ご靄寨用料として、1台1ヵ月当たり500円頂きます。
ヅ霪颪冒った際及び修理が必要になった際には、市が指定する金額(盗難時は一部負担、修理は経年劣化を除き実費)をお支払頂きます。

※利用証の作成を希望される方は、こちらをごらんください。

ご利用の流れ
お申込み
“單鳥毀鮟衙楪F發涼狼絏甲伐渋从課にて、申込み手続きをしてください。
 (ご利用を希望する車種、ご利用希望の時期(4〜6月など)をお聞きします。)
△翰用希望の時期内の方から申込み順で、貸出しのご連絡をさせて頂きます。

ご利用開始、ご利用中
“單鳥毀鮟衙楪F發涼狼絏甲伐渋从課にて、貸出し前の説明を受けて頂き、自転車を貸し出させて頂きます。
 (希望者は、ご利用前の健康体力測定と保健師の健康に関するアドバイスを受けられます。)
△翰用状況を所定の様式にご記入し、月ごとにご報告頂きます。
※自転車に空きがある場合は、ご利用期間中の車種等の変更も可能です。

ご利用後
“單鳥毀鮟衙楪F發涼狼絏甲伐渋从課へと自転車をご返却いただきます。
 (希望者は、ご利用後の健康状況測定を受けられます。)

こちらから上記の内容を記したチラシとお申込書がダウロードできます。
こちらから利用規約をダウンロードできます。

飯田市のレンタルサイクルが借りられる場所

紅葉の季節ですね。
涼しく、景色も楽しくて、サイクリングの楽しい季節です。

飯田市では、下記の拠点にて、レンタサイクルを行っていますので、ご利用下さい。

レンタサイクルの制度概要こちら
※大変申し訳ありませんが、中学生未満への貸し出しは行っていません。
3カ月以内の長期レンタル制度概要こちら
※ご利用にはレンタサイクル利用証が必要です。
 レンタサイクル制度概要のページも併せてご覧ください。
 
場面別のお勧めの貸し出し場所
(※大変申し訳ありませんが、貸し出し予約は承っておりません。)
市外から来た場合
飯田駅最寄り
飯田駅観光案内所(徒歩0分)

お車でお越しの場合
飯田市役所(市営扇町駐車場から徒歩1分)
まちなかインフォメーションセンター(市営本町駐車場から徒歩1分)
りんご並木のエコハウス(市営本町駐車場から徒歩1分)

スポーツ用自転車を借りたい場合
クロスバイク
飯田市役所(※平日のみ)

マウンテンバイク
飯田市役所(※平日のみ)

お勧めコースについては下記をご覧ください。

貸し出し場所別・最大貸し出し可能台数
下記の自転車大好きマップでも貸し出し場所や観光地の情報が見れます。

(※大変申し訳ありませんが、貸し出し予約は承っておりません。)

貸出し拠点及び貸出可能台数一覧
飯田市役所 0265-22-4511
平日
 電動自転車    6台
 クロスバイク   4台(大・小各2台)
 マウンテンバイク 4台(大・小各2台)
休日
 電動自転車 3台

※大は身長170〜185cm程度を目安にしてください。
※小は身長155〜170cm程度を目安にしてください。

平日・休日
 電動自転車  2台
 クロスバイク 2台(大・小各1台)

りんご並木のエコハウス 050-3583-1583
平日・休日
 電動自転車  2台
 クロスバイク 2台(大・小各1台)
平日・休日
 電動自転車 4台

美術博物館 0265-22-8118
平日・休日(月曜は休館)
 
電動自転車 8台

飯田市公民館 0265-22-1132
平日・休日
 電動自転車 1台
※休日は利用証のある方のみとなります。

橋北公民館 0265-24-0310
平日・休日
 電動自転車 2台
※休日は利用証のある方のみとなります。

橋南公民館 0265-24-0327
平日・休日
 電動自転車 1台
※休日は利用証のある方のみとなります。

羽場公民舘 0265-23-9749
平日・休日
 電動自転車 1台
※休日は利用証のある方のみとなります。

丸山公民館 0265-23-5872
平日・休日
 電動自転車 1台
※休日は利用証のある方のみとなります。

東野公民舘 0265-24-9144
平日・休日
 電動自転車 1台
※休日は利用証のある方のみとなります。

飯田市のレンタルサイクルが借りられる宿泊施設

紅葉の季節ですね。
秋もサイクリングが気持ち良い季節です。

さて、今回は飯田市の無料レンタルサイクルが利用出来る宿泊施設についてお知らせします。

詳細については各宿泊施設へとお問い合わせをお願いします。

気持ちの良い時期に、普段はなかなか乗れない、スポーツ用自転車や電動自転車を利用したサイクリングをしてみてはいかがでしょうか。

中心市街地・駅周辺
ホテルニューシルク 筺0265-21-2111
http://www.silkhotel.co.jp/
    電動自転車  2
   

タウンホテルなかや 筺0265−22-7480
    電動自転車 1

*中心市街地については下記もご覧ください。
平成24年度に無料レンタルサイクルが借りられる場所

天竜峡周辺
天竜峡温泉交流会館 筺0265−27-4011
  電動自転車 2台

飯田市の自転車市民共同利用システムのご紹介

飯田市では、平成21年度より、自転車市民共同利用システムというレンタサイクル事業を行っています。

3カ月以内の長期レンタルをご希望の方は、こちらもご覧ください。
※長期レンタルのご利用には、下記のレンタサイクル利用証が必要です。

自転車市民共同利用システム概要
貸出し時間 
9時〜17時
※りんご並木のエコハウスは16時半まで

利用料金 
無料
(但し、盗難にあった際、修理が必要になった際(経年劣化は除く)は、飯田市の指定する金額をお支払頂きます。)


貸出自転車
電動アシスト付き自転車


クロスバイク

※クロスバイクは概ね身長150cm以上の方がご利用になれます。
※※クロスバイク、マウンテンバイクをご希望の方は、利用上の注意に、ご署名を頂きます。

マウンテンバイク

※マウンテンバイクは概ね身長155cm以上の方がご利用になれます。
※※クロスバイク、マウンテンバイクをご希望の方は、利用上の注意に、ご署名を頂きます。

ご利用方法
こちらのリンクの拠点やこちらのリンクの宿泊施設で借りることができます。
お手数ですが、借りた拠点へのご返却をお願いします。

利用に必要なもの
(下記のいづれか)
.譽鵐織汽ぅル利用証を作成する場合
 飯田市民のみ作成できます。利用証作成のお申込み書類はこちら
 下記のいづれかの身分証を持って、こちらのリンクの拠点にお越しください。
 (免許証・保険証・パスポート・外国人登録証・住基カード・身障手帳・生徒手帳・学生証)
 利用証(青色)の作成を希望される方は、クロスバイク・マウンテンバイクを置いている拠点までお越し下さい。
 

飯田市民の方で利用証を作成しない場合
 飯田市内の住所が確認できる下記のいづれかの身分証をお持ちください。
 (免許証・保険証・パスポート・外国人登録証・住基カード・身障手帳・生徒手帳・学生証)
一時利用お申込みの書類はこちら

H單鳥毀碓奮阿諒の場合
 下記の様な住所と顔写真の確認できる身分証お持ちください。
 (免許証・パスポート・外国人登録証・住基カード(写真付)・身障手帳・生徒手帳・学生証など)
一時利用お申込みの書類はこちら



TOJ南信州ステージが行われました

5月23日、ツアーオブジャパンの南信州ステージが開催されました。
その様子をお届けします。



朝、本部前に続々と選手が集まります。



飯田市在住の福島選手を激励する牧野市長。



レース開始前のパレード走行には、一般の方も参加できます。
右は飯田に拠点を置く、ボンシャスのキッズチーム。



スタート前、選手が集まります。最初はパレード走行なのでリラックスムード。



私たちはこんな恰好で走行し、レンタサイクルをアピールしてきました。

場所は変わってゴール地点、オーロラビジョンで、レースの模様が映ります。



小学生も見学に来ます。こちらでも、試乗会を行いました。



アルクマくんも自転車に。

残念ながら福島選手のステージ優勝を見ることはできませんでしたが、自転車レースの観戦者との近い感じや楽しい雰囲気が味わえる一日でした。

TOJ南信州ステージの結果はこちら

TOJ南信州ステージ開催します

気持ちの良い日が続いていますね。

さて、今週、5月20日(日)からはツアー・オブ・ジャパンが始まりますね。

ツアー・オブ・ジャパンは日本を代表するロードレースの一つです。

5月23日(水)には、飯田市内、下久堅周辺で南信州ステージが開催されます。

レース用自転車の本気の疾走を間近で見れる貴重な機会ですので、是非お越しください。

詳しくは、こちら
TOJ南信州ステージ

さて、5月13日(日)にTOJ南信州ステージのプレイベントとして、元ボンシャス飯田監督、天竜峡にある、ブレアサイクリング代表の山崎嘉貴氏とTOJコースを走るイベントを行いました。


山崎さんの説明を受けて出発します。



川沿いの気持ち良い道を走ります。



橋を渡りしばらく走るとコース一番の難所である長い坂が来ます。
見通しの良い長い坂は精神的に一番つらい場所だそうです。
クラスバイクやマウンテンバイクに乗った初心者の方も、ギアを軽くしてゆっくりなら登れました。


ここは山岳賞のポイント。ポイント毎に山崎さんの説明が入ります。
選手が走ってる時の気持ちや観戦する際の注目点を教えてくれます。



パンクの際のタイヤ交換の実演です。
さっとタイヤが変わります。



こちらは補給ポイントで、補給の様子の実演。
この補給した後の袋や、ボトルは観客は選手は観客に向けて投げてくれることが多く、観客は記念に持ち帰って良いそうです。



最後は保健師さんから、自転車と健康についてのお話。

楽しいイベントでしたと、参加者の方からもご好評をいただきました。

エコカフェ 自転車トークサロン

こんにちは。

暖かい日が続きサイクリング日和ですね。

りんご並木のエコハウスでは毎月4回、エコカフェと題し、環境に関する講座等を開いています。

今週末、4月28日のエコカフェはサイクルトークサロン、自転車に関するフリートークの場になります。

10〜16時のご自由な時間にいただき、初心者の方を中心として、自転車の魅力を伝えたいと思います。

自転車に興味はあるけど、よく分からないという方などは、是非この機会にお越しください。


年末・年始の自転車貸出のお休みについて

年の瀬が近づいてますね。

さて、ご好評いただいている無料レンタルサイクルですが、
年末年始は全施設、レンタルをお休みさせていただきます。

■ お休み期間

  平成23年12月29日〜平成24年1月2日

よろしくおねがいします。

サイクル・トーク・サロン4「自転車のある生活〜ビューティフルライフ〜」を開催しました

 4月3日、サイクルトークサロン4「自転車のある生活〜ビューティフルライフ〜」を開催しました。

サイクル・トーク・サロンも今回で4回目となりました。今回は飯田市エコライフコーディネーター絹代さんが、スポーツ自転車初心者である、市の保健師さん3名の素朴な疑問に答えます!!という今回の企画。




和やかな、雰囲気で始まったトークサロン。思い思いの自転車ファッションで登場した、保健師さんたちは、まずは自転車に乗るときの格好が気になる様子。

それに答えて、絹代さんが可愛らしいアイテムを紹介すると、会場の女性達も興味津々。



絹代さんの持っている一見、普通のトートバック。



あっという間にサイクルバックに早代わりです。



マッチョな雰囲気でない、可愛らしいヘルメット達。終了後も人だかりが出来る程の人気でした。



話は移り、自転車の選び方。

今日は展示用の2台の自転車も女子仕様。可愛い2台の自転車が並びます。

背の低い方には、700C(27インチ程度)の自転車だと怖いかもしれないので、そういう方はきちんと作られたミニベロ(写真左の小さなタイヤの自転車)を試してみてはとのこと。



さらに話は進み、自転車と健康に関する話。

健康づくりの一環としての自転車の使い方に、これが本業の保険師さんたちは真剣な表情で聞き入っていました。

真剣な話の中でも、終始、笑顔のたえないトークサロン。



満員のお客さんのご来場いただき、盛況のうちに終えることができました。



ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

次回のサロンの情報もこのblogでアップしますので、興味を抱いた方はぜひお越しください。
| 1/2ページ | >>