プロジェクト

「メガソーラーいいだ」の見学について

「メガソーラーいいだ」の見学方法に関するお問い合わせをたくさん頂きましたので、
当ホームページでご説明を申し上げます。

メガソーラーいいだの発電所本体は、1月28日から運用開始しております。
発電所では非常に大きな電力を発生していますので、安全のために、
周囲を金網で囲っており、発電所の中にはどなたも入ることはできません。
しかし、金網越しであれば、いつでも、どなたでもご覧いただけます。
金網越しでも、発電所の様子はよ〜く見えますよ♪♪

飯田市は、今年度末を目途に、発電所敷地内の一角に、太陽光発電所が見学できて、
太陽光発電の仕組みや市の環境施策について学習できる施設の設置を進めています。
無人の施設とはなりますが、分かりやすく、楽しめる案内設備を設置しますので、
お子さまから大人の方までご利用いただけることになります。
発電所と学習施設を一体でご見学頂くことで、
生活に身近なエネルギーについて、より深くご理解頂けるものと思われますので、
正式なご見学・ご視察等は、4月1日以降をお勧めします。

4月1日以降のご見学・ご視察等へのご対応につきましては、
改めて当ホームページに掲載させて頂きます。

見学施設は、景勝地の天竜峡に近い伊那谷の河岸段丘の突端にあり、
3千メートル級の南アルプス連峰を臨み、雄大な伊那谷の地形を眼下に眺める好立地。
飯田市の自然エネルギーの利用を象徴する施設になりますので、
多くの方々にご利用頂けることを願っております。
この記事のトラックバックURL
トラックバック