プロジェクト

みつば保育園も発電日和です。

「太陽光市民共同発電事業」により、屋根の上に太陽光発電パネルが設置された
飯田市立の「鼎みつば保育園」です。


未だ寒い2月ですが、今日は晴天に恵まれて暖かい一日です。
子供たちも、元気に園庭で遊んでいます。
こんな晴れの日には、きっとたくさん発電しているんでしょうね。
園舎では、発電量を表示する「さんぽちゃんプレート」を、
園児たちが大喜びで指差している姿が目に浮かびます。

飯田市には、公共施設を中心に、このような太陽光発電パネルが数多く設置されています。
設備が発電した電力は、電力系統を通じて電力会社に売電されており、
これにより、グリーンな電気を多くの方々にご利用頂いています。

飯田市では、グリーンな電力をできるだけ多くの方々がご利用いただけますよう、
市民の皆さまの太陽光発電設備の設置を推進しています。
この記事のトラックバックURL
トラックバック