プロジェクト

電気自動車乗り合いタクシー 出発しました!

2月14日 晴れ

飯田市が事務局を務める飯田地球温暖化対策地域協議会。

今回、会員である南信州広域タクシー(アップルキャブ)さんが、電気自動車の日産リーフを2台導入されました。

今後、乗り合いタクシーとして市街地、竜東地区を巡回することとなります。

電気自動車をこのように運行することは、北陸信越運輸局の管内でも初!とのこと

そこで、協議会とアップルキャブさんの共催による乗り合いタクシーの出発式が開催されました。


長野運輸支局の熊井支局長さんにもお越しいただきました。



今後飯田下伊那地域を通るリニア中央新幹線のデザインも目印です 


たくさんの皆様に見守られ・・・



来賓を乗せて、いざ出発!



電気自動車は、まだ一般に知られているとは言い難いです。

でも、日々の生活で車が必要となる飯田市において、より低炭素な乗り物を普及していく

ことは持続可能な地域づくりにつながります。

環境モデル都市飯田としても、電気自動車タクシーの活躍を期待するところ  

電気自動車の普及にはまだ課題もありますが、その性能をきちんと検証する意味でも

このタクシーに乗って地域の皆様に実感していただきたいですね。




もし、市内でこのタクシーを見かけたらまずその静かな音を感じてみてくださいね!
この記事のトラックバックURL
トラックバック